マンションの買取前にチェック【失敗しない売却方法】

他人の土地の賃借

つみきの家

トラブルは不動産会社へ

借地相談という言葉を時々見聞きするけれど、具体的にどのようなことなのか、よくわからないという人もいるでしょう。この場合の借地というのは、主に借地権のことをさします。借地権というのは、他人の土地を借りて、自己所有の建物を建てる権利のことです。この場合、土地を借りて建物を建てる人を借地権者といい、土地を貸す人を底地人と呼びます。建物の所有者は、当然他人の土地を借りているわけですから、底地人である地主さんに地代を払います。こうすることで土地を買うよりも、安く家を建てることが可能になるわけですが、土地は他人名義なので、名義変更や売却などでトラブルが発生しやすくなります。そのような場合に、不動産会社などが行っている相談のことを借地相談と呼んでいます。この借地権にはかなり制約もあるため、借りている側と貸している側、双方に問題が発生する可能性があります。またいつ権利が発生したかによって、適用される法律も違って来ます。現在の関連法律である借地借家法は、平成4年8月から施行されたものなので、それより前に借地権が発生した物件の場合は、旧法が適用されますので、その点にも注意しておく必要があります。また不動産会社以外に、弁護士事務所で相談する方法もあります。いずれの場合も、まず電話で予約を入れ、目的に応じた書類を持参して、手続きを進めるようにします。会社や事務所によっては、まずメールで相談することもできますので、それを利用するのもいいでしょう。