マンションの買取前にチェック【失敗しない売却方法】

物件売買の仕組み

間取り

取引形態や媒介契約を知る

他の住宅取引と同様に、個人で東京の中古マンションを売買するときも複数の取引形態があるため、その仕組みを押さえておくことが重要です。個人が中古マンションを売買する場合の取引形態には3種類があり、1つ目が売り主である不動産会社が買主に直接販売する方法です。2つ目が個人間取引で、売主と買主の双方が個人の場合です。そして3つ目が売主と買主の間に不動産仲介業者が入り、売買を仲介する取引形態があります。東京の中古マンションの売買では、他府県同様に不動産仲介業者を介した売買が多数です。この場合、売主が個人か不動産会社かを問わず、買主は販売金額の一定割合の仲介手数料を不動産仲介業者に支払う仕組みで、売買が成り立っています。もし東京の中古マンションを売却する場合には、やはり不動産仲介業者を通して媒介契約を結び、買主を業者に探してもらうのがよくある取引形態です。媒介契約には3種類あり、専任媒介契約・専属専任媒介契約・一般媒介契約に分かれます。それぞれ一長一短あるため、売却したい中古マンションの状態や相場、売却希望時期なども考慮して、依頼する東京の仲介業者を探します。また購入、売却の何れの取引においても、東京の中古マンションの価格決定の仕組みを知っておくことも大切です。価格は不動産会社による査定と売主の希望で決まります。査定は机上査定と訪問査定の2種類があり、机上査定である程度査定価格を算出した後、訪問査定で正確な販売価格を決めるのが一般的です。