マンションの買取前にチェック【失敗しない売却方法】

媒介契約の締結

集合住宅

早く高く売るための戦略

マンション売却をするときには不動産仲介業者に依頼して媒介契約を締結するのが基本的な方法です。売りたいマンションについて相場を調べた後、媒介契約を結びたいことを伝えて相談すると、販売価格なども決まって宣伝と募集は全て業者に任せることができます。早く高く売りたいというのはマンション売却の際によく焦点に置かれますが、ただ不動産仲介業者に言われるままに媒介契約を締結してしまうと失敗するリスクがあります。通常、マンション売却をしたいという相談を持ちかけたときには専属専任媒介契約をすることになります。マンション売却を確実に仲介できるようになるからであり、利益を確実に確保したいという意志を持っている場合が多いのです。必ずしも状況によっては専属専任媒介契約を締結するのが最良の選択肢ではありません。本当にそれで良いのかを予め確認した上で業者に相談を持ちかけるのが無難でしょう。一般媒介契約を締結する方法を選ぶと複数の業者に仲介を依頼することができます。これによって販売競争を繰り広げてもらえるため、高く売れる可能性があるマンションであれば早く売れるようになると期待することが可能です。しかし、あまり人気がないマンションの場合には速やかに値段を下げる方向で相談されてしまうことがあるので、早くは売れても価格は低めになるリスクもあります。一方、専任媒介契約や一般媒介契約にしておくと個人取引の可能性も残すことができる点は留意しておきましょう。