マンションの買取前にチェック【失敗しない売却方法】

不動産会社に対して売却

マンション

早くて確実性が高い

マンションを売却したいときには不動産会社に仲介を任せる他にも買取を依頼する方法があります。マンションの買取は個人や法人の買主を探して売るのとは異なり、不動産会社に対して直接売却するのが特徴です。直接取引になるので仲介手数料はかからないというメリットがありますが、買取価格は一般的には仲介してもらって売却したときよりは低めになってしまいがちです。これは不動産会社が在庫リスクを抱えることになるのに加えて、本来は買主と売主からそれぞれ受け取れるはずの仲介手数料が手に入らない分は少なくとも利益として獲得したいからでしょう。それでもマンションの買取を依頼するのにはメリットがあります。仲介を依頼するときとは異なり、売却する相手が最初から決まっているので売却までの時間があまりかかりません。早い場合には一週間程度でマンションの売買が完了してしまいます。急いで現金が必要なときには重宝する取引方法となるでしょう。もう一つのメリットとして確実性も高い点は魅力になります。一般の個人や法人は本当に自分のマンションに対して興味を持ってくれるかどうかはわかりませんが、不動産会社は大抵の場合には興味を持ってくれて買取をしてくれるでしょう。築年数が古かったり田舎にあったりするマンションのようにあまり買主が見つからないようなものであっても売却できる可能性が高いのです。仲介を依頼しても買主が見つからないというときの解決策になります。

間取り

物件売買の仕組み

個人取引で中古マンションを売買する場合、取引形態にも複数の種類があるためその仕組みを知っておくのが理想です。東京では他府県と同じく、不動産仲介業者を間に挟んだ取引が圧倒的に多く、売買では仲介手数料についても理解が求められます。また中古マンションの売却では媒介契約の種類と仕組みも重要です。

集合住宅

媒介契約の締結

マンション売却の相談を不動産仲介業者に持ちかけると専属専任媒介契約を締結することになりやすいですが、早く高く売るためには他の契約についても考慮することが大切です。早く売るという観点からは特に一般媒介契約の方が優れている場合もあります。

つみきの家

他人の土地の賃借

借地権とは人の土地を借りて、その場所に自己所有の建物を建てる権利のことです。無論地主さんには賃料を払うことになります。色々制約が多いため、トラブルを起こしやすく、そういった事柄には不動産会社、あるいは弁護士事務所などで相談に乗ってもらえます。また借地権発生時期により、新旧いずれかの法が適用されます。